クレーンの種類について

 

今回は、クレーンの種類について、詳しくまとめてみました。

クレーンは、その用途に適するようにいろいろな構造、形状のものがありますが、その構造、形状および用途によって、一般に次の8つに分類されます。

①天井クレーン、②ジブクレーン、③橋形クレーン、④アンローダクレーン、⑤ケーブルクレーン、⑥テルハクレーン、⑦スタッカ式クレーン、⑧その他

また、上記の8つは、さらに細かく以下のように分類されます。

※弊社では、クラブトロリ式天井クレーンとポスト型ジブクレーン、クラブトロリ式橋形クレーンを取り扱っております。

>>クレーンのサービスページはこちら<<

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井クレーン

 

普通型天井クレーン

ホイスト式天井クレーン

市販の電気ホイスト等を用いた天井クレーンす。
値段が安く、小容量・小型である点が特徴です。また、床上で操作するものが一般的。
ホイスト式天井クレーンは大きく分けて、ダブルレール式、モノレール式、ケンスイ式の3つの形式に分類できます。

 

トロリ式天井クレーン
クラブトロリ式天井クレーン

クラブトロリ式天井クレーンは、巻上・横行部分に電動ホイストを用いておらず、建屋内に設けたレールに本体を走行させるクレーンです。
メンテナンスが容易であり、運転室の操作性が高い点が特徴的です。

 

ロープトロリ式天井クレーン

ロープトロリ式天井クレーンは、機械室等に巻上装置や横行装置を設置し、ワイヤーロープを介して巻き上げ・横行が行われるクレーンです。

 

特殊型天井クレーン

旋回マントロリ式天井クレーン

荷を吊ってガータを移動する台車をトロリと呼び、トロリに運転室が設けられたものがマントロリです。
マントロリが旋回するタイプのクレーンが、旋回マントロリと呼ばれています。
旋回式は軸を中心に回転するため、荷を異なる方向に移動させられるのが特徴です。

 

すべり出し式天井クレーン

すべり出し式天井クレーンはガータが伸縮する構造となっており、屋外から建屋内に荷を取り込む際に用いられます。
また、ほかのクレーンと組み合わせて使用することが容易であり、活用の幅が広い点が特徴です。

 

旋回式天井クレーン

旋回式は軸を中心に回転するクレーンです。
旋回して向きを変えられるため、荷を異なる方向に移動させられます。
動作はシンプルですが、現場において高いクレーンであるとされています。

 

製鉄用天井クレーン
装入クレーン

装入クレーンとは、炭素鋼や鋳鋼の製造又は金属の製造や精製において、炉へ原料を挿入するのに用いられます。

 

レードルクレーン

レードルクレーンは、溶鉄鍋を吊り上げて転炉内に溶銑を流し込むため及び、転炉で処理が終わった溶鍋を次工程へ運ぶために使用されます。

 

鋼塊クレーン

鋼塊クレーンは、造塊用の釣り具を備え、鋼塊を運搬するのに使用されるクレーンです。

 

焼入れクレーン

焼入れクレーンは、焼入れのための速い巻下げ装置を備えたクレーンです。

 

原料クレーン

原料クレーンは、原料を装入受台に運ぶ際に用いられるクレーンです。

 

鍛造クレーン

鍛造クレーンは、鍛造品を熱間鍛造するためのプレス機とともに鍛造作業の際に使用されます。
そのため、過酷な環境下で使われるクレーンと言われています。

 

ジブクレーン

ジブクレーン

 

 

塔形・門形ジブクレーン
塔形ジブクレーン

塔形ジブクレーンは、タワーの上に起伏するジブが設けられており、クライミングの機能を有していない点が特徴的です。
造船所の内装工事及び外装工事の際に使用されることが多いです。

 

高脚ジブクレーン

高脚ジブクレーンは、門形の架構上にジブを有する旋回体が設けられており、走行するタイプが多いです。
脚が門形をなしているため、脚の間にトラックなどを引き入れられ、専有面積をとらない点が特徴です。
ふ頭、岸壁等における荷役用として用いられることが多いです。

 

片脚ジブクレーン

片脚ジブクレーンは、高脚ジブクレーンの内、片側のレールを埠頭倉庫の屋上などに設置したものを指します。

 

低床ジブクレーン
低床ジブクレーン

低床ジブクレーンは、固定された旋回レールの上に旋回体を据え付け、巻上げや起伏、旋回の運動を行う構造となっています。
そのため脚がなく、低床ジブクレーンと呼ばれています。

 

ポスト型ジブクレーン

ポスト型ジブクレーンは、固定された柱で旋回体を支えており、柱を中心に旋回するクレーンです。
駅構内の荷役などによく使用されます。

 

つち形クレーン

つち形クレーンは、旋回する水平ジブを塔形の建造物の上に設けたものです。
全体の形状がハンマに似ているため、つち形クレーンと呼ばれています。

ホイスト式つち形クレーン

ホイスト式つち形クレーンは、トロリの形式がホイスト式となったつち形クレーンです。

 

トロリ式つち形クレーン
クラブトロリ式つち形クレーン

ホイスト式つち形クレーンは、トロリの形式がクラブトロリ式となったつち形クレーンです。

 

ロープトロリ式つち形クレーン

ホイスト式つち形クレーンは、トロリの形式がロープトロリ式となったつち形クレーンです。

 

クライミング式つち形クレーン

クライミング式つち形クレーンは、クライミング機能を備えたつち形クレーンです。

 

引込みクレーン         

ダブルリンク式引込みクレーン

ダブルリンク式引込みクレーンは、ジブの先端のシーブが水平移動する仕組みを有したクレーンです。
荷揺れが少なく、高速での作業が可能な点が特徴であり、重量物の運搬によく用いられます。

 

スイングレバー式引込みクレーン

スイングレバー式引込みクレーンは、旋回体上部にジブと連動するスイングレバーを取り付けたクレーンです。
スイングレバーが取り付けられているため、荷を水平に保つことができるのが特徴です。
主に船台ブロックの運搬や組み立て作業などで用いられるクレーンです。

 

ロープバランス式引込みクレーン

ロープバランス式引込みクレーンは、ジブ先端のシーブと旋回体上部のシーブの間に巻上用ワイヤーロープを複数掛けの工夫を凝らしており、荷を水平移動させることができます。
そのため、埠頭や岸壁などでよく用いられます。

 

テンションロープ式引込みクレーン

テンションロープ式引込みクレーンは、先端ジブ後部に特殊な曲線加工が施されており、これに支持ロープを掛けて荷を水平移動させることができます。

 

壁クレーン

壁クレーンは、建家の柱や壁に取り付けられた水平ジブに沿ってトロリが横行するクレーンです。

 

ホイスト式壁クレーン

トロリの構造がホイスト式になった壁クレーンがホイスト式壁クレーンと呼ばれています。

 

トロリ式壁クレーン
クラブトロリ式壁クレーン

トロリの構造がクラブトロリ式になった壁クレーンがクラブトロリ式壁クレーンと呼ばれています。

 

ロープトロリ式壁クレーン

トロリの構造がロープトロリ式になった壁クレーンがロープトロリ式壁クレーンと呼ばれています。

 

橋形クレーン

橋形クレーンは主に野外で使用され、脚によって支えられたクレーンガータをトロリやジブクレーンが横行する構造となっています。
また、クレーン全体を地上に設けたレール上を走行させることができます。

 

 

普通型橋形クレーン

ホイスト式橋形クレーン      

ホイスト式橋形クレーンは、トロリの構造がホイスト式となったクレーンです。

 

トロリ式橋形クレーン
クラブトロリ式橋形クレーン

クラブトロリ式橋形クレーンは、トロリの構造がクラブトロリ式となったクレーンです。

 

ロープトロリ式橋形クレーン

ロープトロリ式橋形クレーンは、トロリの構造がロープトロリ式となったクレーンです。

 

マントロリ式橋形クレーン

マントロリ式橋形クレーンは、トロリの構造がマントロリ式となったクレーンです。

 

特殊型橋形クレーン

旋回マントロリ式橋形クレーン         

旋回マントロリ式橋形クレーンは、トロリに旋回機能を有するマントロリを設けたクレーンです。

 

ジブクレーン式橋形クレーン

ジブクレーン式橋形クレーンは、ジブクレーンを設けたクレーンです。

 

引込みクレーン式橋形クレーン         

引込みクレーン式橋形クレーンは、引込みクレーンを設けたクレーンです。

 

アンローダ

アンローダは船からばら物を陸揚げする際に用いられる専用のクレーンです。
大きく分けて、橋形クレーン式と引込みクレーン式の分けられます。

 

 

橋形クレーン式アンローダ

クラブトロリ式アンローダ

クラブトロリ式アンローダは、トロリの構造がクラブトロリ式となったアンローダです。

 

ロープトロリ式アンローダ

ロープトロリ式アンローダは、トロリの構造がロープトロリ式となったアンローダです。

 

マントロリ式アンローダ

マントロリ式アンローダは、トロリの構造がマントロリ式となったアンローダです。

 

特殊型アンローダ

旋回マントロリ式アンローダ

旋回マントロリ式橋形アンローダは、トロリに旋回機能を有するマントロリを設けたアンローダです。

 

引込みクレーン式アンローダ

ダブルリンク式アンローダ

ダブルリンク式アンローダは引込みクレーン式のアンローダの一種であり、高速作業に適しています。

 

ロープバランス式アンローダ

主流となる引込みクレーン式アンローダは、ダブルリンク式であり、ロープバランス式アンローダはあまり用いられていません。

 

ケーブルクレーン

固定ケーブルクレーン

固定ケーブルクレーン

固定ケーブルクレーンは、固定された二つの支点間にかけ渡したワイヤーロープを軌道とし、トロリが横行するクレーンです。
主にダム工事や橋りょうの架設、機械の組み立てなどに用いられます。

 

走行ケーブルクレーン

片側走行ケーブルクレーン

片側走行ケーブルクレーンは、二つの支点間にかけ渡したワイヤーロープを軌道とし、トロリが横行するクレーンであり、片側の支点が走行するものを指します。
主にダム工事や橋りょうの架設、機械の組み立てなどに用いられます。

 

両側走行ケーブルクレーン

両側走行ケーブルクレーンは、二つの支点間にかけ渡したワイヤーロープを軌道とし、トロリが横行するクレーンであり、両方の支点が走行するものを指します。
主にダム工事や橋りょうの架設、機械の組み立てなどに用いられます。

 

橋形ケ-ブルクレーン

橋形ケーブルクレーンは、二つの支点間にかけ渡したワイヤーロープを軌道とし、トロリが横行するクレーンであり、橋形建造物にケーブルを張ったものを指します。
主にダム工事や橋りょうの架設、機械の組み立てなどに用いられます。

 

テルハ

テルハは、工場や倉庫などの天井に取り付けたI形鋼の梁に電気ホイストや電気チェーンブロックを吊り下げた簡易的な構造のクレーンです。
取り扱いが容易であり、工場や倉庫などで小さな材料や製品等の運搬に用いられることが多いです。

 

スタッカークレーン

普通型スタッカークレーン

普通型スタッカークレーンは、直立したガイドフレームに沿って上下するフォークなどを有したクレーンであり、荷の昇降と共に運転台や運転室が昇降します。

天井クレーン型スタッカー式クレーン

天井クレーン型スタッカー式クレーンは、ランウェイのガータにトロリを設け、そのトロリに荷台が昇降するガイドフレームを設けたものを指します。
主に、倉庫等で棚の荷を出し入れする際に用いられます。

 

床上型スタッカー式クレーン

床上型スタッカー式クレーンは、床上の走行レールを走行するものを指します。
主に、倉庫等で棚の荷を出し入れする際に用いられます。

 

懸垂型スタッカー式クレーン

懸垂型スタッカー式クレーンは、ラック上部に備えられた走行レールに懸垂された走行するものを指します。
主に、倉庫等で棚の荷を出し入れする際に用いられます。

 

荷昇降式スタッカークレーン

荷昇降式スタッカークレーンは、直立したガイドフレームに沿って上下するフォークなどを有したクレーンであり、運転室・運転台を備えない、もしくは運転室・運転台が荷と共に昇降しない点が特徴です。

天井クレーン型スタッカークレーン

天井クレーン型スタッカークレーンは、ランウェイのガータにトロリを設け、そのトロリに荷台が昇降するガイドフレームを設けたものを指します。主に、倉庫等で棚の荷を出し入れする際に用いられます。

 

床上型スタッカークレーン

床上型スタッカークレーンは、床上の走行レールを走行するものを指します。主に、倉庫等で棚の荷を出し入れする際に用いられます。

 

懸垂型スタッカークレーン

懸垂型スタッカークレーンは、ラック上部に備えられた走行レールに懸垂された走行するものを指します。主に、倉庫等で棚の荷を出し入れする際に用いられます。

 

いかがでしたでしょうか。
このようにクレーンには様々な種類がございます。
クレーンについて、もっと知りたいという方はこちらをご覧ください。
クレーンの定期自主検査・性能検査についてまとめております。

>>クレーンの定期自主検査・性能検査はこちら<<

 

 

 

 

関連記事