熱源の放熱対策

  • 熱源の放熱対策
  • 工場内にはあらゆる熱源がありますが、その熱源の放熱が原因で作業環境を悪化させている場合が多くあります。例えば、乾燥炉、ガス炉、電気炉、ヒーター、成型機(成形機)、蒸気配管、窯などが原因となり、作業環境を悪化させています。これらの放熱を遮熱シートや遮熱塗装し、抑え込むことで作業環境の改善が可能になります。弊社がご提案する遮熱シートをご活用いただければ、放射温度を約20℃~30℃低減でき、放熱を抑え込み、作業環境の改善に寄与できます。同時に熱源の省エネにも貢献します。

このようなお困りごとはないですか?

「工場内の熱源で作業環境が暑い・・・」「乾燥炉・ガス炉・電気炉・ヒーター・成型機(成形機)、蒸気、窯などの放熱で暑い・・・」「炉・ヒーターを省エネしたい!」「夏場の熱中症対策がしたい!」「夏場、工場内が40℃超える・・・」

・・・このようなお困りごとを「工場保全・省エネ.com」は解決する提案を行います!

「工場保全・省エネ.com」が提案する工事・メンテナンス

「熱源への遮熱シート直貼り設置工事」「遮熱塗装」「間仕切り遮熱カーテン」「500℃耐温型遮熱シート」「脱着タイプの断熱ジャケット」

その他現場状況に合わせて最適なご提案をいたします!

関連する工事・メンテナンス事例

  • 廃熱利用
  • 廃熱利用

    100℃以上の廃熱は活用できているものの、50℃ほどの低温廃熱はそのまま大気中に捨てられていることがほとんどです。この廃熱を利用し、炉の給気の昇温や温水の生成などに使用することで、コストダウ...

    » 詳しくはこちら

  • 室内の暑さ対策
  • 室内の暑さ対策

    夏場の工場内の暑さでお困りの企業は多いのではないでしょうか。工場内が40℃を越えて、なかには従業員が熱中症で体調を壊すこともあるかと思います。従業員に配慮した働く環境づくりは、今後の人手不足...

    » 詳しくはこちら

  • オイルミスト・油煙対策
  • オイルミスト・油煙対策

    オイルミストは、工作機械などの工業用潤滑油が機械の起動で飛散して発生し、油煙は油や樹脂などの不完全燃焼で発生するものです。一番の発生源は切削や旋削などに使われる切削油の飛散となります。放って...

    » 詳しくはこちら