廃熱利用

  • 廃熱利用
  • 100℃以上の廃熱は活用できているものの、50℃ほどの低温廃熱はそのまま大気中に捨てられていることがほとんどです。この廃熱を利用し、炉の給気の昇温や温水の生成などに使用することで、コストダウンにつながり、さらには環境にも配慮できます。「工場保全・省エネ.com」ではそれぞれの工場に合った廃熱回収の設備、廃熱利用の設備をご提案させていただきます。

このようなお困りごとはないですか?

「炉の廃熱を有効に使いたい」「コンプレッサ排熱を暖房に活用したい」「50℃以上の廃熱を大気に捨てるのはもったいないので利用したい!」「廃熱利用できるところを知りたい!」

・・・このようなお困りごとを「工場保全・省エネ.com」は解決する提案を行います!

「工場保全・省エネ.com」が提案する工事・メンテナンス

「廃熱利用による炉の給気の昇温」「温水の生成」「暖房への利用」「廃熱利用設備についての相談・導入提案」「廃熱利用設備の導入工事」「補助金の相談・申請代行」「廃熱利用設備の修理・メンテナンス」「熱交換器の見直し・メンテナンス」

その他現場状況に合わせて最適なご提案をいたします!

関連する工事・メンテナンス事例

  • 屋根の遮熱
  • 屋根の遮熱

    夏になると折板屋根、金属屋根が太陽光により熱され、室内側に輻射熱として熱が流入してきます。その輻射熱を遮熱することにより、工場内の温度上昇を抑制することができます。さらに、工場内で使用する空...

    » 詳しくはこちら

  • 熱源の放熱対策
  • 熱源の放熱対策

    工場内にはあらゆる熱源がありますが、その熱源の放熱が原因で作業環境を悪化させている場合が多くあります。例えば、乾燥炉、ガス炉、電気炉、ヒーター、成型機(成形機)、蒸気配管、窯などが原因となり...

    » 詳しくはこちら

  • 結露対策
  • 結露対策

    結露の主な原因は湿気と温度差となります。湿気が高いと温度差により結露が起こりやすくなり、カビが発生したり、製品の錆につながったりと生産に影響を及ぼします。結露対策をしっかりすることでカビ・錆...

    » 詳しくはこちら